恵観だより

*写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

縁起物 福を呼ぶ上生菓子

葩餅(はなびら餅)

新年に長寿を願っていただく縁起の良い上生菓子です

平安時代から続く「宮中歯固めの儀式」に用いられています

 

画像は「葩餅」「鶴」「干支 卯」

園内併設の「かふぇ楊梅亭」でお召し上がりいただけます

※数に限りがあり同じ物をご用意できない場合がございますので予めご了承ください

敷き松葉と藁ぼっち

日本の伝統文化を感じていただきたいと庭師が「敷き松葉」と「藁ぼっち」を設えてくれました

新緑や紅葉の景色はもちろん素敵ですが、寒さの中にあるからこその美しさ、冬枯れの景色を愉しんでみてはいかがでしょうか?

 

2023年 癸卯

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

この年の干支は卯。

芽を出した植物が成長していき茎や葉が大きくなる時期で、目に見えて大きく成長する年だといわれています。
 
また、うさぎは跳びはねることから、飛躍するという象徴になります。さらに、たくさんの子を産むことから豊穣、子孫繁栄のシンボルになっています。

うさぎにまつわることわざも多く日本人人は親しみやすい動物ですよね。今年はうさぎのように跳ね上がるよい1年になることを願いましょう。

皆様、本年も何卒ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

まだまだ愉しめます 

川沿いはまだまだ愉しめます

自然の色はとても素敵だなと感じさせてくれる紅葉

紅葉狩りがまだの方はぜひお越しくださいませ

 

しっとり まったり 雨と紅葉

雨だからこそ艶っぽく色っぽくお庭を演出してくれています

雨音と川のせせらぎが心地よくまったりと過ごすことができます

 

混みあう前に…

いつが見頃ですか?という問い合わせが日々増えております

例年ですと11月後半から12月上旬ですとお答えしております

しかし、何度も言うようですがオススメはグラデーションのまさに今です!

色のお好みもあるかと存じますが、混みあう前に自然の色の美しさを愉しんでいただけますと幸いに存じます

2022.11.14(月)現在

 

紅葉のグラデーションを愉しむ

 

『このもよりかのも色こき紅葉哉』与謝蕪村

この紅葉綺麗だ、あ、あっちの紅葉の方が綺麗だと紅葉狩りを愉しむ情景が浮かぶ俳句です。

 

受付を越えた中庭や山荘前のモミジは紅葉が始まりました。

こちらから奥へ奥へと紅葉していきます。

深緑から黄色、橙、朱色へと自然のお色を愉しむにはピークより少し早めにご来園するのがおススメです。

秋の澄み切った空気の中、ぜひご散策におこしください。

紅葉の錦

モミジが色づいていく姿はまさに自然の恵み、和の美意識を感じさせてくれます

木々の葉が、紅や黄、オレンジや緑と重なり合うさまは「紅葉の錦」と例えられ私の心を浮き浮きさせてくれます

真っ赤に染まるモミジも素敵ですが、グラデーションは何とも言えない美しさです

 

園内のモミジも少しずつ紅葉が始まりました

込み合う前にぜひ、お越しくださいませ

当園は11月1日(火)~12月11日(日)まで休まず営業いたします※11月4日(金)は除く