【3月の催事】体験型美術館・謝恩茶会 のお知らせ

新年を迎え、小寒の季節となり、いっそう寒さが厳しい頃となってまいりました。
春が待ち遠しいこの時節、3月に開催する催事をお知らせいたします。

【第7回体験型美術館】
恒例となってまいりました体験型美術館も、第7回目の開催を迎えることとなりました。
茶会や美術館では味わえない、名品茶道具を直に手に取って、じっくりと鑑賞いただけるこの企画は、たいへんご好評をいただいており、ありがたく存じます。
前回のテーマが「千宗旦」だったことを受けまして、今回のテーマはその弟子「山田宗徧」にスポットを当てることといたしました。
宗旦の高弟であった宗徧は、利休流四世を自称し、その侘茶の普及に努めた人物です。
たいへんに器用な方であったようで、数々の自作の道具も残しておられます。
元禄の時代に活躍した茶人の美をぜひご体感いただきたく、皆様のご参加をお待ちいたしております。

[第7回体験型美術館]チラシ

↓チラシPDFはこちら(参加申込書)↓
[第7回体験型美術館]web用チラシ

【恵観山荘保存会設立五周年記念 謝恩茶会】
国指定重要文化財「旧一条恵観山荘」の保存会を立ち上げまして、本年で5年を迎えることができました。
多くの皆様に支えていただき、恵観山荘を保存することがかなっております。
この貴重な江戸時代の宮廷文化の遺産を未来へと継承していくことは、これからも多くの皆様からのご支援ご協力なくしては成しえない事業です。

5年という節目におきまして、皆様に感謝の気持ちを伝えたく、「謝恩茶会」を開催する運びとなりました。
茶の湯を愛好されておられる方はもちろん、建物・庭・景色など山荘を大事に思ってくださって保存会に入ってくださった多くの皆様にこの地での愉しいひと時を過ごしていただきたく思っております。

保存会会員の皆様、会員ではないという方も、お誘いあわせの上、ぜひぜひご参加賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

謝恩茶会チラシ

↓チラシはこちら(参加申込書)↓
謝恩茶会チラシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)