あじさい

関東地方も梅雨入りを致しましたが、今年の梅雨は涼しい薄曇りの天気で始まりました。

6月の鎌倉は、例年「紫陽花」を見に来られる方でいっぱいになります。
観光で来られる方々にとっては、過ごしやすく散策しやすいきこうになっているのではないでしょうか。

山荘の庭には、ほんの少し、小さな紫陽花が咲いています。
DSC_1797

緑に囲まれたなかに、白いお花が静かに咲いています。
ちいさな紫陽花ですが、山荘で紫陽花をご覧になりたいという方は、13日(月)の文化講座へご参加ください。
事前の、完全予約制ですのでご連絡をお願い申し上げます。

ちょうど一年前の当ブログの記事を見ると、真竹が伸びてきたという記事でした。
昨年の竹よりも、今年はほんの少し出るのが遅いようですが、頭を出し初めてくれました。
ですが、さっそくリスか何かがかじったようで、何本かは傷んでしまっています。
すくすく伸びてくれるか、静観です。

新年度と新芽

桜が満開で見頃を迎え、新年度、華やかな気持ちで始められた方も多いのではないでしょうか。
山荘の庭には桜はありませんが、いつもお向かい様やご近所様の立派な桜で、楽しませていただいております。
さくら

一方で、庭のモミジやウメ、クマササをはじめ多くの草木が新芽を出し、竹の子も地面から顔を出してきました。
モミジ3

笹

竹の子

モミジは新芽ははじめのうちは少し赤みかかっています。
もみじ2
この時期、新芽が赤い木を多く目にします。
植物の春の新芽には葉緑素が含まれていますが、紫外線に弱いために赤い色素のアントシアニンが紫外線から葉緑素を保護しているとのことです。

この出始めのモミジの赤い葉と赤い花の時期は一瞬なので、この景色をご覧いただく機会はなかなかありません。
今回はお写真でご紹介できればと思いました。
もみじ1

また、恵観山荘保存会の会員の皆様におかれましては、新年度の保存会年会費のご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
今年も国指定重要文化財「旧一条恵観山荘」を保存・活用して、未来へと継承すべく尽力してまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。