1 / 11

名残の季節

過ぎてしまうとあっという間だった酷暑の夏もすっかり忘れてしまうほど、過ごしやすい季節となりました。

苔を射す日光や、建物などを傷める湿気との戦いも、今季は終焉となりました。
建具は夏仕様から冬仕様へと、襖を入れ替えました。

庭の椿「西王母」や「茶の木」はお花を開かせ始めました。
「藪柑子」の実も赤く染まってきました。

日も短くなって、暗くなるのも早くなりました。

人は「名残」を感じる10月ですが、
自然はいつも前へ前へと進んでいるようです。

seiohbo2

seiohbo1


1 / 11