山荘での体験

入園料

入園料

500円

施設内にお入りいただくための料金です。(入園料は文化財および施設の維持管理に使わせていただきます。)

庭園の散策をしていただけます。

京都から移築された「一条恵観山荘」の外観および同じく移築された飛石や枯山水を用いた庭をご覧いただけます。

滑川に臨した「紅葉の小径」は、川のせせらぎや鳥の声、風の音を感じる自然の美しさに触れられる空間です。

 

現代数寄屋建築の建物の姿も臨むことができ、その一角にある「かふぇ楊梅亭(やまももてい)」にもお入りいただけます。

 

国指定重要文化財建造物「一条恵観山荘」の保存活用継承活動にご理解とご協力くださる方におかれましては、ぜひご来場いただきたく、心よりお待ち申し上げております。

体験

一条恵観山荘 体験案内

1,000円

国指定重要文化財「一条恵観山荘」の内部を詳しく解説しながらご案内致します。

山荘の内部はこの山荘体験開催時のみご覧いただけます。

定員13名程度

所要時間60分程度

開催日につきましては、「暦」にてご確認ください。

茶の湯体験

2,000円

茶席にて、点前を行っての抹茶(薄茶)をお点ていたします。

主菓子と抹茶を、歴史ある道具にて茶の湯のひと時をお楽しみいただけます。

400年程昔の道具を中心に用います。

開催日につきましては、「暦」をご確認ください。

喫茶

かふぇ楊梅亭(やまももてい)

500円~

かふぇ楊梅亭(やまももてい)

施設内には喫茶室として「かふぇ楊梅亭(やまももてい)」があります。

現代数寄屋建築の一角で、鎌倉の原風景「衣張山と滑川」の景色を眺めながら、御抹茶や珈琲などでゆったりした時間を過ごしていただけます。

名前の由来は、かつて京都西賀茂に山荘があった頃、庭にあったヤマモモ(楊梅)の実を恵観の母である中和門院や兄の後水尾天皇に献じていてたいそう喜ばれていた、という話から。

通常開園日はすべて営業しております。

営業時間 10:00~16:00(最終注文15:30)

1