国指定 重要文化財
旧一条恵観山荘
Ichijyo-Ekan Sanso
Copyright (C)2014 Sadou Souhenryu Fushinan Foundation. All Rights Reserved.
Contents
国指定重要文化財 旧一条恵観山荘

旧一条恵観山荘は、江戸時代初期の公卿「一条恵観」の茶屋で、京都の桂離宮や修学院離宮と並ぶ寛永宮廷文化の貴重な遺構です。 一条恵観は後陽成天皇の第九皇子で、摂政関白を歴任し、文化・芸術・建築に造詣の深かった人物で、この山荘は恵観が造営した唯一現存する建物です。

恵観公の没後、時代を経た昭和34年、京都・西賀茂から鎌倉へ移築され国の重要文化財に指定されました。昭和60年には現在の地へ再び移築。現代数寄屋建築の建物とともに往時の庭の姿も再現されました。 この空間では、建物の景観とともに先人の技や心を肌で感じることができます。

当財団では山荘を、拝観会や様々な催しを通して広く多くの皆様に知っていただき、重要文化財であるこの山荘の保存・活用・管理・公開に関する事業を行うとともに、日本伝統文化の普及、啓発及び向上を支援し、我が国文化の発展に寄与することに邁進してまいります。

つきましては、山荘の保存活用事業に努める当財団の活動・趣旨にご理解とご賛同をいただける皆様からのご支援を仰ぎたく、ぜひとも保存会へご入会くださいますようお願い申し上げます。

■ 特典
・定期的な催事のご案内(拝観会、体験型美術館、狂言会、茶事、茶会、他)
・各催事のご優待
■ 会員資格の期間
毎年4月1日~3月31日の一年間です。(途中入会も可)
■ 会員種別と会費
・個人賛助会員 年会費5,000円
・個人学生会員(学生証提示)年会費3,000円
■ お申し込み方法
申込用紙をダウンロードし、ご記入の上、FAXまたは郵送、メール添付にてご送付ください
■ 会費の納入方法
申込用紙記載の口座にお振込みいただくか、改めて当財団より払込取扱票を改めて払込取扱票をお送りいたします。ゆうちょ銀行よりお振込みください
■ 旧一条恵観山荘保存会に関するお問い合わせ・お申し込み
一般財団法人茶道宗徧流不審庵
〒248-0003 鎌倉市浄明寺5-1-10
電話:0467-53-7900
FAX:0467-53-7922
mail:info@ekan-sanso.jp